草原の女性

良さそうに見えるキャバクラでもまずは体験入店

紫の服

キャバクラの仕事は女性の働き手を数多く求めていますし、繁華街にあるお店を探せばどこに住んでいてもキャバクラ求人を探しやすいので、女性としても仕事を始めやすくなっています。ですが、夜働くことになると気になってくるのが、生活のリズムを崩してしまうことです。遅くまで仕事をしているとどうしても睡眠不足や肌荒れが気になりますし、体調管理も大変になってきます。仕事は続けたいのに体力が持たないという女性も少なくないのです。ですが、キャバクラ求人は何も夜だけ働けるかたを求めているのではありません。お店によっては昼間も営業しており、午前中から夕方までの時間帯を中心に仕事をすることも可能になっています。
夜のキャバクラ求人に比べると若干時給が下がってしまいますが、何よりも生活のリズムを崩す心配なく仕事をすることができますし、夜よりもゆっくりとお酒を楽しむお客様が多いので、初心者でも働きやすくなっています。実際、夜のキャバクラよりも業界に慣れていない女性が多いので、あまり焦りを感じることなく仕事をすることが可能です。
ただ、こういったことは言葉で聞いても実感がわかない人もいるでしょう。そういう時は体験入店がおすすめです。体験入店は実際に働く前にお試しで働くことができます。具体的にはキャバクラ嬢の横についたりして、仕事の雰囲気を学ぶことができます。体験入店後、思っていたのと違っていれば簡単に本入店を断ることもできます。

キャバクラの体験入店でやっておくこと

店舗によって違いはありますが、キャバクラの体験入店ではまず簡単な履歴書のようなものを記載します。実際にお客様の前に出る前に、スタッフから接客の仕方について説明があります。お酒の作り方、タバコの火の付け方、火をつけるタイミング、おしぼりの渡し方、また接客時に困ることがないよう、お客様とどんな話をしたらよいかなど、初めての方でも安心して接客できるよう細かい説明があります。
キャバクラでは本名とは違う、キャバクラで使用するための名前を自分で決めます。体験入店でも同様に自分の名刺を作り、ついたお客様一人一人に名刺を渡し接客します。体験入店の場合、まずは他のキャバ嬢のヘルプにつき、お酒を作ったり、お客様と話をしたりします。近くに他のスタッフもいるので、困ったときはその都度聞くようにします。
ヘルプにたくさん入ることで、その場にいるお客様から場内指名をいただくこともあります。キャバ嬢はお酒が飲めないとできない、と思われる方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。お酒が飲めなくても心配する必要はありません。
キャバクラで働いてみたいと思っている方はまず、体験入店でお店の雰囲気や働き方を見てみることをお勧めします。

ほとんどのキャバクラでは簡単に体験入店可能

最近キャバクラで働く大学生が増えてきていると思います。その理由としては、キャバクラは高時給である割には、働く時間が短いというメリットがあるからです。しかし、最初は誰でもキャバクラで働くという事には抵抗があるはずです。自分の知らない世界だから。お店もたくさんあって、どこで働いたらいいのだろうかと、誰でも最初は悩むと思います。
しかし、そういう方のためにあるのが、キャバクラ体験入店です。体験入店とは、仮入店になり、お店の雰囲気ややり方などを体験する事ができるものです。体験入店したからと行って、必ずしも働かなければならない訳ではありません。なので、是非キャバクラで働く際はまず、体験入店をお勧めします。しかし、注意してほしい点としましては、体験入店といっても、お店側は新人キャストとしてお客様の前に出します。
なので、お店の看板を背負って接客するという意識を持ち、また、お店で長年働いてるキャストと同じだという自覚をしっかり持ち、接客する必要があります。
体験入店はとても安易に考えがちですが、しっかりと責任を持った上で体験してほしいと思います。
その上で色んなお店で体験入店して、自分にあったお店を探していただければなと思います。

ニュース

最新の情報